人形町今半監修レシピ_わりしたでほっこり甘い肉じゃがレシピ

Recipe

『人形町今半』調味料使用監修レシピ
今半の割下でほっこり甘い肉じゃが


人形町今半のわりしたでつくるほっこり甘い肉じゃが

基本の材料

材料 4人分

  • 牛肉(切落し)200g

  • じゃがいも400g(2.3個)

  • 玉ねぎ200g(1個)

  • 人参150g(1本)

  • しらたき150g(1袋)

  • 絹さや適量

  • 今半の割下150㏄

  • 顆粒だし小さじ2

  • 400㏄

人形町今半の紹介ページはこちら↓


作り方

step.1
じゃがいもと人参は大きさを揃えて乱切りにし、玉ねぎはくし切りに。
じゃがいもは水にさらしておきます。

step.2
白滝はあく抜き後、食べやすい長さに切ります。

step.3
具材を入れた鍋に水を注いだら、強火で煮込みます。

step.4
沸騰したらあくを取り、顆粒だしと割下を加え

step.5
牛肉を広げて並べます。

step.6
中火にし、落し蓋をして15分ほど煮ます。

step.7
落し蓋を外し、具材を優しく返します。

step.8
1~2分煮詰めたら完成です♪


和牛のうまみが染み込んだ
最高の肉じゃがをどうぞ!

人形町今半 すき焼きわりしたストレートタイプ

 

  • 原料にこだわり、本味醂と昆布だしによって味に丸みを持たせ、さっぱりとした味に仕上げました。
  • ストレートタイプですので、ご家庭でそのままご利用いただけます。
  • ※一部お取扱いのない店舗もございます。


おすすめレシピ

おうちでかんたん本格すき焼レシピ

おうちで本格すき焼レシピ

ぽん酢すき焼き

人形町今半 調理長おすすめ賄いレシピ 牛玉子丼

フライパンでおかずすき焼  秋のきのこ


あんこたっぷり桜柏餅

イトーヨーカドー
ネットスーパーへ移動します

イトーヨーカドー・ネットスーパーへ移動します

 

あんこたっぷり桜柏餅

こだわりの桜柏餅を食べて欲しい
柏の木は新芽が出るまで古い葉が落ちないため、子孫繁栄の云われがあると言われており、昔から端午の節句には縁起のよい柏餅を食べる風習があります。
白餅や緑のよもぎが定番の味ですが、今回は「春だからこそ食べられる、桜素材を使った柏餅を作りたい」との想いを込めて、こだわりの桜葉をあんに使ったあんこたっぷり桜柏餅が出来ました。
製造を担うのは、和菓子メーカーの株式会社十勝大福本舗です。

昔ながらの伝統製法を続ける松崎町産桜葉
あんこたっぷり桜柏餅に使う桜葉は、静岡県伊豆・松崎町産のオオシマザクラです。
地場産業として大島桜の栽培と塩漬けに取り組む松崎町は、全国の“塩漬桜葉”の約7割を生産しています。大島桜の葉は、桜葉特有の芳香成分(クマリン)の含有量が他の桜より多く含まれている為、香り高いことが特徴です。
また、原料にこだわるだけではなく、製法も昔ながらの伝統製法を守り続けています。
一枚一枚手で摘み取り、丁寧に洗浄し、向きとサイズを揃えて50枚を束ね、大きな樽の中に一つずつ同心円状に並べます。ある程度並べたら塩をたっぷりとのせて、樽がいっぱいになるまでこの作業を繰り返します。

使う塩は、通常の塩より甘みがある徳島の「うず塩」を使用することで、桜柏餅の味にあう、まろやかな塩味のある桜葉に仕上がります。半年間じっくり塩漬けされると、緑色をした桜葉がきれいなべっこう色になり、豊かな香りが広がります。

桜葉をあんに練り込む
あんこたっぷり桜柏餅は、桜あんに松崎町産桜葉を使います。
細かく刻んだ松崎町産桜葉を白あんに練り込み、全体が均一になるまで混ぜます。
なめらかでバランスの良い桜あんを作る為、あんの水分量や混ぜるスピード・混ぜる回数に気を配ります。

あんこを優しく包む
あんこたっぷり桜柏餅のポイントは、あんこが沢山入っていることです。
通常よりあんこを多く包む為、生地からはみ出ないように時間をかけ、手包みするよう丁寧に包んでいます。

自信を持ってお薦めするイトーヨーカドーの季節和菓子「あんこたっぷり桜柏餅」。
一足早く、春の香りを感じてみては如何でしょうか。

 

\こちらの商品もおすすめ

さくら香る桜のおはぎ

イトーヨーカドー
ネットスーパーへ移動します

イトーヨーカドー・ネットスーパーへ移動します

 

さくら香る桜のおはぎ

こだわりの桜のおはぎを食べて欲しい
お彼岸やお盆の時季に食べられる和菓子、おはぎ。
小豆の赤色には魔除け効果があると信じられていたことから、あんこをまぶしたものが定番となっており、邪気を追い払う食べ物としてお供えに使われています。
今回は「春が近いお彼岸に食べるおはぎだからこそ、春を感じる素材を使ったおはぎを作りたい」との想いを込めて、桜の香りと風味が楽しめる、生地にもトッピングにも桜素材を使った桜のおはぎが出来ました。
製造を担うのは、老舗和菓子メーカーの株式会社十勝大福本舗です。

昔ながらの伝統製法を続ける松崎町産桜葉
さくら香る桜のおはぎに使う桜葉は、静岡県伊豆・松崎町産のオオシマザクラです。
地場産業として大島桜の栽培と塩漬けに取り組む松崎町は、全国の“塩漬桜葉”の約7割を生産しています。大島桜の葉は、桜葉特有の芳香成分(クマリン)の含有量が他の桜より多く含まれている為、香り高いことが特徴です。
また、原料にこだわるだけではなく、製法も昔ながらの伝統製法を守り続けています。
一枚一枚手で摘み取り、丁寧に洗浄し、向きとサイズを揃えて50枚を束ね、大きな樽の中に一つずつ同心円状に並べます。ある程度並べたら塩をたっぷりとのせて、樽がいっぱいになるまでこの作業を繰り返します。

使う塩は、通常の塩より甘みがある徳島県の「うず塩」を使用することで、桜のおはぎにあう、まろやかな塩味のある桜葉に仕上がります。半年間じっくり塩漬けされると、緑色をした桜葉がきれいなべっこう色になり、豊かな香りが広がります。

桜葉を生地に混ぜる
さくら香る桜のおはぎは、おはぎの生地に松崎町産桜葉を使います。
細かく刻んだ松崎町産桜葉を加えることで、食べた瞬間から強い桜の香りを感じられます。
桜葉は加熱すると風味が飛んでしまう為、生地を蒸した後、甘味をつける工程で混ぜ込みます。つぶの食感を残しつつ、もっちりとした柔らかい食感の生地になる様、何度も試作を重ねました。

桜の花を添えて仕上げ
こだわりの桜葉入り生地で、なめらかなこしあんを包み込んだら、仕上げの工程です。
丁寧に包んだ桜のおはぎの上に、桜の塩漬けを型崩れしないよう、手作業で一輪ずつのせていきます。
鮮やかな桜の花びらを添えて、見た目も華やかに仕上げています。

自信をもってお薦めするイトーヨーカドーの季節和菓子「さくら香る桜のおはぎ」。
パックを開けると、ふんわりと桜の香りが広がります。
一足早く、春の香りを感じてみては如何でしょうか。

 

\こちらの商品もおすすめ

桜づくしの桜まんじゅう

イトーヨーカドー
ネットスーパーへ移動します

イトーヨーカドー・ネットスーパーへ移動します

 

桜づくしの桜まんじゅう

桜づくしの桜まんじゅうを発売
桜の花や葉は、春を楽しむ素材として季節の和菓子に取り入れられています。
今回は「春らしい柔らかなピンク色に、桜の香りと風味。そのすべてが味わえる様な桜まんじゅうを作りたい」との想いを込めて、こだわりの桜の素材を使った桜づくしの桜まんじゅうが出来ました。
開発・製造を担うのは、老舗和菓子メーカー、株式会社十勝大福本舗です。

昔ながらの伝統製法を続ける松崎町産桜葉
桜づくしの桜大福に使う桜葉は、静岡県伊豆・松崎町産のオオシマザクラです。
地場産業として大島桜の栽培と塩漬けに取り組む松崎町は、全国の“塩漬桜葉”の約7割を生産しています。大島桜の葉は、桜葉特有の芳香成分(クマリン)の含有量が他の桜より多く含まれている為、香り高いことが特徴です。
また、原料にこだわるだけではなく、製法も昔ながらの伝統製法を守り続けています。
一枚一枚手で摘み取り、丁寧に洗浄し、向きとサイズを揃えて50枚を束ね、大きな樽の中に一つずつ同心円状に並べます。ある程度並べたら塩をたっぷりとのせて、樽がいっぱいになるまでこの作業を繰り返します。

使う塩は、通常の塩より甘みがある徳島の「うず塩」を使用することで、桜まんじゅうの味にあう、まろやかな塩味のある桜葉に仕上がります。半年間じっくり塩漬けされると、緑色をした桜葉がきれいなべっこう色になり、豊かな香りが広がります。

桜葉を生地にもあんにも練り込む
桜づくしの桜まんじゅうは、桜まんじゅうの生地にも桜あんにも松崎町産桜葉を使います。
桜まんじゅうの生地は、細かく刻んだ松崎町産桜葉を加えることで、食べた瞬間から強い桜の香りを感じられます。桜あんの味を引き立てる、ふんわりしっとりとした食感の生地になる様、何度も試作を重ねました。

桜あんは、細かく刻んだ松崎町産桜葉を白あんに練り込み、全体が均一になるまで混ぜます。
なめらかでバランスの良い桜あんを作る為、あんの水分量や混ぜるスピード・混ぜる回数に気を配ります。
出来上がった桜葉の桜あんを、桜まんじゅうの生地で丁寧に包み込みます。

丁寧に蒸し上げる
桜まんじゅうの仕上げの工程では、丁寧に包んだまんじゅうを蒸します。
桜葉の豊かな香りを保ちつつ、しっとりとした生地に仕上げるため、長年培ってきた経験と知識を活かして最適な温度と時間に調整します。

桜素材をふんだんに使った桜づくしの桜まんじゅう。
一足早く、春の香りを感じてみては如何でしょうか。

 

\こちらの商品もおすすめ

桜づくしの桜大福

イトーヨーカドー
ネットスーパーへ移動します

イトーヨーカドー・ネットスーパーへ移動します

 

桜づくしの桜大福

桜づくしの桜大福を発売
桜の花や葉は、春を楽しむ素材として季節の和菓子に取り入れられています。
今回は「春らしい柔らかなピンク色に、桜の香りと風味。そのすべてが味わえる様な桜大福を作りたい」との想いを込めて、こだわりの桜の素材を使った桜づくしの桜大福が出来ました。
開発・製造を担うのは、老舗和菓子メーカー、株式会社十勝大福本舗です。

昔ながらの伝統製法を続ける松崎町産桜葉
桜づくしの桜大福に使う桜葉は、静岡県伊豆・松崎町産のオオシマザクラです。
地場産業として大島桜の栽培と塩漬けに取り組む松崎町は、全国の“塩漬桜葉”の約7割を生産しています。大島桜の葉は、桜葉特有の芳香成分(クマリン)の含有量が他の桜より多く含まれている為、香り高いことが特徴です。
また、原料にこだわるだけではなく、製法も昔ながらの伝統製法を守り続けています。
一枚一枚手で摘み取り、丁寧に洗浄し、向きとサイズを揃えて50枚を束ね、大きな樽の中に一つずつ同心円状に並べます。ある程度並べたら塩をたっぷりとのせて、樽がいっぱいになるまでこの作業を繰り返します。

使う塩は、通常の塩より甘みがある徳島の「うず塩」を使用することで、桜大福の味にあう、まろやかな塩味のある桜葉に仕上がります。半年間じっくり塩漬けされると、緑色をした桜葉がきれいなべっこう色になり、豊かな香りが広がります。

桜葉を生地にもあんにも練り込む
桜づくしの桜大福は、桜大福の生地にも桜あんにも松崎町産桜葉を使います。
桜大福の生地は、細かく刻んだ松崎町産桜葉を加えることで、食べた瞬間から強い桜の香りを感じられます。
蒸したての生地に桜葉を混ぜると、熱で風味が飛んでしまう為、職人が生地の温度を確認しながら丁寧に練り込みます。
桜あんの味を引き立てる、もっちりとした柔らかい食感の生地になる様、何度も試作を重ねました。

桜あんは、細かく刻んだ松崎町産桜葉を白あんに練り込み、全体が均一になるまで混ぜます。
なめらかでバランスの良い桜あんを作る為、あんの水分量や混ぜるスピード・混ぜる回数に気を配ります。
出来上がった桜葉の桜あんを、もっちりとした桜風味の生地で丁寧に包み込みます。

桜の花を添えて仕上げ
生地にもあんにも桜葉が入った桜大福は、トッピングにも桜の素材を使います。
鮮やかな桜の塩漬けを添えて、見た目にも華やかな桜大福です。
丁寧に包んだ桜大福の上に、桜の花びらが型崩れしないよう、手作業で一輪ずつのせていきます。
パックを開けると、ふんわりと桜の香りが広がります。

桜素材をふんだんに使った桜づくしの桜大福。
一足早く、春の香りを感じてみては如何でしょうか。

 

\こちらの商品もおすすめ

ごろごろくるみゆべし

イトーヨーカドー
ネットスーパーへ移動します

イトーヨーカドー・ネットスーパーへ移動します

 

ごろごろくるみゆべし

ごろごろくるみゆべしを発売

保存食、携帯食として源平時代に生まれたと伝えられているゆべし。
当時のゆべしは漢字で柚餅子と書き、柚子を使って作られたものでしたが、柚子が手に入りにくい東北で、くるみを代用して作られたものがくるみゆべしです。
今回は「くるみがごろごろといっぱい入ったゆべしを食べてもらいたい」との想いを込め、たくさんの検証・試作を重ねた結果、くるみたっぷりのくるみゆべしが出来ました。
開発・製造を担うのは、和菓子メーカー、株式会社武蔵製菓です。

歯応えがある生地
もちもちとした食感を残しつつ、歯応えがある生地に仕上げるため、生地の状態を確認しながら、絶妙なタイミングで蒸しながら練っています。
また、蒸した生地はとても粘りが出る為、まんべんなく伸ばすのは、至難の技です。
均一な商品に仕上がる様に、気を抜かず、生地の高さを揃えていきます。

くるみはたっぷり、ごろごろと
ごろごろと、たっぷりの香ばしいくるみを楽しんでもらいたいのとの想いで、くるみをふんだんにいれました。
良質なくるみから、大きすぎず、小さすぎないサイズを選びました。
香ばしさを引き出す為、自社で焼き加減を調整しながら焙煎しています。このひと手間でくるみの風味や香りがより一層強くなり、カリカリとした食感が味わえます。

蒸したての生地にくるみをたっぷり入れ、全体に満遍なく行きわたる様、くるみを敷き詰めます。くるみの形がつぶれたり、落ちたりしないように、時間をかけ、丁寧に手作業で形を整えています。

たっぷりのくるみで贅沢な食感を味わえるくるみゆべしに仕上げます。

くるみゆべしの仕上げ
くるみをたっぷり入れた生地の粗熱を取り、冷ましたら、食べやすい1口サイズにカットします。その後、カットしたゆべしを手作業で丁寧にばらしてパック詰めします。
たっぷり入った香ばしいくるみのサクサク食感と、歯ごたえのあるもっちりした生地のハーモニーで手が止まらないおいしさです。

自信を持ってお薦めするイトーヨーカドーのごろごろくるみゆべし、ぜひお楽しみください。

 

\こちらの商品もおすすめ

ごろごろとした果物の入ったキウイジャム

ごろごろとした果物の入ったキウイフルーツジャム

キウイフルーツの果肉を感じるジャム

毎日の朝食でパンに塗ったり、ヨーグルトに入れたり、パンケーキに添えてスイーツとして楽しんだりと使い方が沢山あるジャム。甘すぎず、食べやすいスッキリとした甘さに、贅沢に果物を入れた果肉がごろごろと存在感を放っている、そんなジャムを作りたいという想いでできたジャムです。キウイフルーツジャムに込められた、おいしさのこだわりを紹介します。

※写真はイメージです

ごろごろ感を出す作り方

今回のジャムを作るのは、デイリーフーズ株式会社。1970年創業以来、数多くのジャムを作り続けている会社です。使用するキウイフルーツは甘酸っぱい風味が特長のヘイワード種。ジャム瓶から見える時も、使う時も、ごろごろとした果肉感が伝わるように、キウイフルーツのカットは大きめにしています。甘さを控えて釜で炊き上げた、キウイフルーツの甘酸っぱさと種のつぶつぶ感をお楽しみください。

果肉感を楽しむシリーズ

ご紹介した「ごろごろとした果物の入ったジャム」はキウイフルーツに加え、いちご、ブルーベリー、マーマレード、白桃の合計5種類!その日の気分に合わせて、違う味もぜひお試しください。

\こちらの商品もおすすめ

そのままがおいしいシルクブレッド

イトーヨーカドー
ネットスーパーへ移動します

イトーヨーカドー・ネットスーパーへ移動します

そのままがおいしいシルクブレッド

素材の豊かなコクとふんわり食感

秋冬の寒い時季にじっくりと味わう「生食パン」ができました。
しっとりと絹のような、なめらかなふんわり食感はそのままに、
生クリームとはちみつの深いコクと甘味で、余韻が残る味わいに仕上げています。
季節に合わせて味わう、そのままがおいしいシルクブレッド。
おいしさのこだわりをご紹介します。

Sweetness

Silk Bread

絹のような

しっとりなめらかな食感。

こだわったのは、しっとり感と口いっぱいに広がる豊かな風味。
持ってみると、想像以上にずっしりとした重みを感じられるはずです。
しっとりとした食感、豊かな風味を引き出すために辿り着いたのはカナダ産の高級小麦粉、北海道産生クリーム、そしてバターと蜂蜜。
商品名シルクブレッドが表すようにきめ細かい、なめらかな食感を味わえるやさしい甘さの生食パンに仕上がっています。


カナダ産高級小麦粉


北海道産生クリーム

Special Recipe

Silk Bread

生地を大切に。

株式会社タカキベーカリー
こだわりのパンづくり

今回のパンを作るのは、タカキベーカリー。安心安全なパンづくりをモットーに、素材の良さを引き出すパン作りを目指しています。
シルクブレッドも同様に、厳選した素材のおいしさを最大限引き出すように作り上げました。
また、おいしさの秘密は製造工程にも現れています。
パンの生地は傷ついてしまうと、うまく膨らまず食感が損なわれてしまいます。
シルクブレッドの製造工場では生地を大切にし、職人が手作業で作るような設備が整っています。
丁寧にじっくりと焼き上げることで、なめらかでしっとりしたパンが生まれました。

Feature

Silk Bread

好きな厚さで。

シルクブレッドは焼いたままの1本の状態のため、お好みの厚さにカットすることができます。
オススメの厚さはパッケージの目盛りの約3センチ。
厚めのカットで、より一層しっとりなめらかな口当たりをお楽しみいただけます。
何気ない一日をいつもより少し贅沢な朝食から始めてみてはいかがでしょうか。

\シルクブレッド アレンジレシピ/

季節に合わせたシルクブレッドのアレンジレシピをご紹介します。

3月は「厚切りコロッケサンド」と「いちごの和風オープンサンド」!
詳しいレシピは下の写真をクリック↓

厚切りコロッケサンド

いちごの和風オープンサンド

\こちらの商品もおすすめ

人形町今半監修レシピ_簡単本格レシピ

Recipe

『人形町今半』調味料使用監修レシピ
おうちで簡単本格すき焼レシピ


おうちで本格すき焼レシピ

基本の材料

材料 4人分

  • 牛肉(切落し)450g

  • しいたけ1袋

  • 長ねぎ1/2束

  • 人参1/2本

  • 春菊1/2束

  • 焼き豆腐1/2丁

  • しらたき1袋

  • お麩1袋

  • 3~4個

人形町今半おすすめ調味料

  • 人形町今半すき焼わりしたストレート1本

  • ※一部お取扱いのない店舗もございます。

人形町今半の紹介ページはこちら↓


作り方

step.1
牛脂をすき焼鍋で焼きます。

step.2
人形町今半すき焼わりしたストレートをすき焼鍋に注ぎ、温めます。

step.3
牛肉を少量加えて加熱し、お肉の旨味を割下に移します。

step.4
牛肉の旨みが割下に移ったら、一度牛肉をお皿に取ります。
取り出した牛肉は卵につけてお召し上がりください。

step.5
牛肉の旨味たっぷりの割下に、
野菜、焼き豆腐、白滝、お麩、最後に牛肉を加え、
煮込みすぎず、お肉、野菜に火が入ったらお召し上がりください。


卵に絡めて食べても、すだちでさっぱり食べても美味くいただけます。
ぜひお召し上がりください。

人形町今半 すき焼きわりしたストレートタイプ

 

  • 原料にこだわり、本味醂と昆布だしによって味に丸みを持たせ、さっぱりとした味に仕上げました。
  • ストレートタイプですので、ご家庭でそのままご利用いただけます。
  • ※一部お取扱いのない店舗もございます。


人形町今半流ステーキの食べ方

すだちの香りでさっぱりとお召し上がり下さい。
人形町今半の焼き方、こだわりのステーキたれで人形町今半気分を味わえます!
イトーヨーカドーのこだわりのお肉でぜひお試しください。

人形町今半 すだち醤油ステーキたれ

 

  • 醤油とみりんをベースとした和風の味付けたれに、徳島県産すだちの果実を絞ったストレート果汁を加えてさっぱりと仕上げました。
  • すだちの爽やかな香りとさっぱりとした酸味が、お肉の旨味を引き出し美味しく召し上がれます。
  • ※一部お取扱いのない店舗もございます。

おすすめレシピ

ぽん酢すき焼き

おうちで本格すき焼レシピ

人形町今半 調理長おすすめ賄いレシピ 牛玉子丼

フライパンでおかずすき焼  秋のきのこ

ほっこり甘い肉じゃがレシピ


まごころたまごの五三焼カステラ

イトーヨーカドー
ネットスーパーへ移動します

イトーヨーカドー・ネットスーパーへ移動します

 

まごころたまごの五三焼カステラ

たまごのコクと贅沢な口溶け

「まごころたまごのカステラ」が更に美味しくなりました。
やさしい甘さと素材へのこだわりはそのままに、「五三焼製法」によって卵黄を増やすことで、たまご本来の旨味とコクがしっかりと味わえるようになりました。
また、生地の密度を増やすことで、カステラのしっとり感が増し、より贅沢な口溶けを楽しむことが出来ます。
まごころたまごの五三焼カステラに込められた、美味しさのこだわりを紹介します。

イトーヨーカドーのまごころたまご
カステラに使うたまごは、イトーヨーカドーオリジナルの「まごころたまご」。
マリーゴールド由来の鮮やかな黄身色が特徴の卵で、厳選した飼料を使うことで、豊かな旨味とコクが味わえます。

高級カステラに採用される「五三焼製法」
「五三焼」の由来は諸説ありますが、卵黄と卵白の重量比率を「五対三」とする高級カステラの製法です。
今回カステラの製法に五三焼を取り入れました。
まごころたまごの卵黄を多く使用することで、カステラ生地の黄色がさらに濃くなり、
たまご本来の旨味とコクをしっかりと感じることが出来ます。


まごころたまごの卵黄

職人が仕上げるこだわりの製法

カステラの開発・製造を担うのは、創業70余年、埼玉県に本社・工場を構える株式会社 紅葉堂。
厳選された素材を使い、「安心・安全」な商品作りを心がけています。
カステラはとてもシンプルな材料だからこそ、技術と経験が必要なお菓子です。
生地作りでは、生地の温度や混ぜ具合、比重調整がとても重要。その日の温度、湿度などによって状態が変わるため、
最後の仕上げはベテランの職人の調整が頼りになります。

焼き上げ工程では、熱が均一に、じっくり伝わるよう、昔ながらの木枠を使い約1時間かけてゆっくり焼き上げます。
生地作り同様、その日の気温や湿度に応じて焼きの温度や時間調整を行います。手間と時間のかかる作業ですが、
おいしいカステラを作るには欠かせません。

たまごの旨味とコクを味わうカステラ
こだわりの詰まったまごころたまごの五三焼カステラは、日常の上質なおやつにも、お客様のお茶請けにも、様々なシーンでお楽しみ頂けます。

優しい甘さとたまごの旨味・コク、熟練の職人によって生み出される極上のしっとり食感をぜひご賞味ください。

 

\こちらの商品もおすすめ